上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
やっと完成しました。
パーゴラ。

本格的な梅雨になる前に仕上げたかったので、
本日、最終の3度塗りが終了しました。

当分の雨や日晒しには耐えてくれるでしょう。
P6043104.jpg

アップで見ると、アラがひどいですが。。
P6043101.jpg



梅雨になって、庭もにぎやかになってきました。
年末の雪で死んだと思ってた人たちが、ぼうぼうですww
P6043099.jpg








スポンサーサイト
2011.06.04 / Top↑
いちおう形になっていたパーゴラですが、予算の関係で一気に作ることができず。。。

ようやく2期目の施工開始。

とりあえず、道路に面した部分に板壁を作成。
ステインを塗った杉板を等間隔に、コーススレッドで止めていくだけ・・・

なんですが、一人だとやっぱ大変なんですよ。

支えてくれる人がいれば、下穴をあけて、じゃんじゃん組み立てるんだけど、
一人なので、反対側をロープで固定しながら、一枚一枚貼り付けていく。

で、なんとか壁板は完成!
P4240261.jpg
お、ソレっぽい感じになってきた。
(ソレって、、、何だ?)

で、飾りつけに入る。


初めに、実家の納屋の片隅で朽ちかけていた昔の木製のハシゴを白くペイントしてみる。
パーゴラの柱に固定すると、、
なんかイイ感じ♪
P4250269.jpg

次に、板塀を作る時に切り落とした端材(ゴミ)でシェルフを作成。
ステインの上に白ペンキを重ねに塗りして、ヤスリでシコシコ。
なんとなく、ジャンクな感じに完成。
P4250277.jpg


さて、最後は束石をセメントで固定するんだけど。
これは、次回に持ち越し・・


夏になる前には、シェードオーニングも張りたいとは思うのだか、
ネットで調べると、かなり高価。
予算的にはちょっとムリそうなので、コレもなんとか自作で工夫したい所。

っていつになるんだろう。。





2011.04.25 / Top↑
ようやく、第一期施工分も終わり。

斜めにカットした材で補強を入れて、
P4040097.jpg

あとは、屋根部の桟を等間隔で取り付けていく。
P4100174.jpg

あとは、仮止めだった部分に、コーススレッドを増し止めしていき強度を出していく。
これにて、第一期分施工が完了!

全くの一人での作成だったので大変な部分もあったけど、
思ったより簡単だったな~ってのが感想。

心配した垂直だしや水平だしも、思ったより上手くいき、
現物合わせだった割には、ちゃーんとできました。
(近くでみるとアラが多いけどね)
P4100217.jpg

第2期はこれに、簡単な板塀を作って、飾りつけを行う予定。
さてさて、完成はいつになる事か。
2011.04.10 / Top↑
今回から、ようやく組立作業。

その前に、一人で地鎮祭。
組立も全部一人でするので、安全な作業を祈って、敷地と材料を塩と米でお浄め。
P4030090.jpg


その後、先日の羽子板付の束石の上に柱を立てて、作業開始。
相棒は、電動ドリルのみ。
他には工具も金具も使わない。
P4040095.jpg

とりあえず、各パーツの寸法と水平を確かめて仮組みを行う。
P4040091.jpg

簡単に書いてるけど、一人で行ったので、ここまででほぼ1日がかり。
材料を支えてくれる人がいないので、いったんロープで仮固定しないと、下穴さえあけられない。

それでもなんとか、安定して自立できるところまでは作業。
苦労した欠き部分も、多少の隙間はあるが、寸法通りにハマってくれた。
P4040094.jpg

本日はココまで。
次回は、ようやく屋根部分の作成へ!




2011.04.06 / Top↑
いよいよ上物の作成。
その前にホームセンターで木材の買い出しです。

同じサイズの木材でも、ホームセンターによって値段がまちまち。
で、4店まわって、各サイズ一番安い店で購入してきました。

90×90×3000 5本
30×105×4000 4本
30×105×3000 10本

一期施工分は以上。
そう、一度に全部の施工は、予算的に無理なので、3期に分けて作る予定。

で、買ってきた木材を寸法に合わせてカットするわけだが、
本来はジグソーがあると便利・・・
だが、手持ちの工具は丸ノコと手コノのみ。
もちろん、この2つの工具のみでカットしていく。

一番大変だったのが、これ
P4030087.jpg
いわゆる「欠き」の加工。

ノコで数か所に切れ目をいれて、木槌で叩き落としていく事でなんとかクリア。
斜めに切ったりする加工も、強引に丸ノコで。

次に塗装。
組立前に一度塗装してから、組立後に再塗装の予定。

油性ステインの方が持ちはイイと思うが、健康面と環境面に考慮して水性ステインを使用する。
重ね塗りと、こまめなメンテナンスでと特に問題はないと判断。
P4030088.jpg

染み込むと、イイ感じの色合い。

今回の作業はココまで。

次回からは、ようやく組立に入ります。






2011.04.05 / Top↑
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。